東京都台東区で消防設備点検・施工なら全国消防点検.com

台東区
taito

かんたん10秒ご相談・見積もりフォーム

    • お名前必須
    • お電話番号必須
    • メールアドレス必須
    • 建物の所在地必須
    • ご相談内容必須

    台東区の消防点検実績

    ACHIEVEMENT

    カテゴリーエリア業種階数 / 延床面積
    ポンプ取替ビル4階/263㎡
    誘導灯設置工事オフィスビル4階

    サービス内容

    • 消防設備点検
      • 消火器
      • 屋内外消火栓
        設備
      • スプリンクラー
        設備
        • その他

        • 水噴霧消火設備
        • 泡消火設備
        • 自動火災報知設備

      消防設備点検は、年に二度行う機器点検と、年に一度行う総合点検に大分されます。機器点検は、消防設備の状態を目視で確認し、簡易的な操作で消防設備の機能の確認を行います。また、総合点検では、実際に消防設備を一つひとつ作動させ、正常に機能を果たしているかを総合的に点検します。

    • 防災管理点検
      • 防災管理者の
        選任
      • 消防計画の
        作成・届出
      • 自衛消防組織の
        設置・届出
        • その他

        • 避難設備等の適切な管理
        • 被害の想定および対策
        • 避難訓練の実施

      防災管理点検は、大規模建築物等において、毎年1回定期的に防災管理点検資格者によって避難経路や非常食の有無などを確認し、災害発生時に円滑に避難することができるかを点検します。

    • 防火対象物定期点検
      • 防火管理者の
        選任
      • 避難訓練の
        実施
      • 防火性能表示
        • その他

        • 消防用設備の状況
        • 防火戸の状況
        • 避難経路の状況

      消防用設備が設置されているか、防火戸の閉鎖に障害となる物が置かれていないかなど、火災発生時に適切な避難が行えるよう、消防法8条に基づいた防火対象物定期点検を行っています。

    • 防火設備の設置
      • 消火器
      • スプリンクラー
        設備
      • 水噴霧消火設備
        • その他

        • 自動火災報知設備
        • 泡消火設備
        • 誘導灯・誘導標識

      消防設備には、それぞれに耐用年数や交換時期の目安が定められています。弊社では、消防設備点検だけではなく、点検の際に不具合を発見した消防設備はもちろん、耐用年数の目安や交換時期が近づいてきている消防設備の取り換え、消防設備を新たに設置する施工も行っております。

    • 防災グッズ等の販売
      • 食料品
        (水・乾パン・缶詰)
      • 非常用ライト・
        懐中電灯
      • 救急医療セット
        • その他

        • 防災頭巾
        • 防災・防塵マスク
        • 防災ラジオ

      火災発生後、避難の際に必要になる防災リュックや非常食の他、救助に必要な救急用品等、様々な防災グッズをご用意しています。会社経営者やビルオーナーの方から一般のご家庭の方まで、それぞれの用途に合わせた防災グッズをご提案いたします。

    消防点検を行わないと
    いけない理由

    東京都の
    消防点検実施率は63.3%

    台東区の火災予防条例には、住宅での電気機器取り扱いについても詳細が記されています。火災予防条例は火気を扱う飲食店や、大勢の人が集まる公共施設にのみ関係するのではありません。

    火災を起こさないために、一人ひとりが意識する内容が記されています。火災は他人事とは考えず、万が一に備え火災予防条例に目を通してください。

    東京都の
    消防点検実施率

    63.6%

    出展:総務省消防庁

    全国消防点検.comで
    消防点検を行った
    お客様の声
    ~台東区~

    台東区で全国消防.comが行った点検の、お客様の声を一部ご紹介いたします。
    様々な施設での有資格者による点検実績があるので、お客様のお力にもなれるはずです。

    お客様の声
    • 劇場・映画館

    映画館の消化設備の点検を行っていただきました。

    映画館の消化設備の点検を依頼しました。不特定多数の方が訪れる場所ですから、老若男女問わずあらゆる方が危険から回避できるようオフィスビル等よりも厳しい基準の消防設備の設置が義務付けられています。

    しっかりと細かな部分まで点検していただけて、安心してお客様を迎え入れることができるようになりました。

    お客様の声
    • 遊技場

    パチンコ複数店舗の消防点検を依頼しております。

    複数店舗を展開するパチンコ屋ですが、年1回の消防点検を全店舗まとめてお願いしています。パチンコ屋と言うとイメージ良い持たない人が多いので、こういった点検をしっかりやることが信頼度アップにつながるのではないかと考えています。

    いつもしっかり見てくれているので安心して任せられるます。これからもよろしくお願いします。

    台東区の対応可能エリア

    東京都全域対応可能!

    東京都全域の消防点検・消防設備工事を承っております。

    • 千代田区
    • 中央区
    • 港区
    • 新宿区
    • 文京区
    • 台東区
    • 墨田区
    • 江東区
    • 品川区
    • 目黒区
    • 大田区
    • 世田谷区
    • 渋谷区
    • 中野区
    • 杉並区
    • 杉並区
    • 豊島区
    • 北区
    • 荒川区
    • 板橋区
    • 練馬区
    • 足立区
    • 葛飾区
    • 江戸川区
    • 八王子市
    • 立川市
    • 武蔵野市
    • 三鷹市
    • 青梅市
    • 府中市
    • 昭島市
    • 調布市
    • 町田市
    • 小金井市
    • 小平市
    • 日野市
    • 東村山市
    • 国分寺市
    • 国立市
    • 福生市
    • 狛江市
    • 東大和市
    • 清瀬市
    • 東久留米市
    • 武蔵村山市
    • 多摩市
    • 稲城市
    • 羽村市
    • あきる野市
    • 西東京市
    • 西多摩郡
    • 瑞穂町
    • 日の出町
    • 檜原村
    • 奥多摩町
    • 大島支庁
    • 大島町
    • 利島村
    • 新島村
    • 神津島村
    • 三宅支庁
    • 三宅村
    • 御蔵島村
    • 八丈支庁
    • 八丈町
    • 青ヶ島村
    • 小笠原支庁
    • 小笠原村

    全国消防点検.comで
    消防点検おすすめポイント

    全国消防点検.comでは防災業界初の仕組みで全国各地の物件をWEB上で一括管理して頂くことが可能です。もちろん価格や技術の面でも安心して消防点検を任せて頂けるような取り組みをしております。

    らくらく依頼・管理

    Web上で消防設備の点検・改修工事の依頼から日程管理、支払いまでを完結することができます。
    また、物件ごとに点検の履歴や書類の管理もできるので、管理コストを削減することができます。

    コストの最適化

    建物に付いている消防設備の数ごとでお見積りを算出しているため、コストを最適化することができます。
    また、物件に近いパートナーの消防点検業者が施工するので、無駄なお金がかかりません。

    任せてあんしん

    本サービスを通じて依頼された消防点検は、国家資格である消防点検資格を持った点検者が点検を行うので、点検の質を保ち、安心安全な運営をすることができます。

    消防点検の流れ

    1. STEP
      1

      お問い合わせ

      消防設備点検費用の見直しを行いたい方や、初めて消防設備点検を行うにあたってどこの点検会社を選べば良いのかわからないという方はご相談ください。
      弊社は、年中無休で営業しているため、お急ぎの場合でも迅速に対応いたします。なお、お電話またはメールフォームのどちらからでもお問い合わせ・ご相談いただけます。

    2. STEP
      2

      お見積書の作成・送付

      建物に付いている消防設備の数を把握した上で、お見積りを作成いたします。建物の図面や過去に実施した消防設備点検の報告書をご提示いただくと、お見積書の作成がスムーズに進むため、通常よりも早くお渡しすることが可能です。図面や報告書のご提示が難しい場合でも、ヒアリングや無料の現場調査等で対応いたします。

    3. STEP
      3

      ご依頼・お支払い

      お見積りの金額に納得いただき弊社に消防設備点検をお任せいただける場合、お客様のご希望日時を伺い点検日時を調整致します。
      点検料金のお支払いは、点検実施前に、クレジットカード払いもしくは銀行振込にてお支払いいただきます。

    4. STEP
      4

      消防設備点検の実施

      建物の規模や点検内容によって異なりますが、一般的な消防設備の点検であれば1時間程度で完了するため、お客様の日常業務に負担がかかることはありません。必ず消防設備点検資格を有するスタッフが消防設備点検を担当し、迅速かつ丁寧な点検・施工を行います。
      また、スマートフォンアプリを用いて点検をするため、点検票作成業務を簡略化できるのでスピーディーに点検票を送付することができます。

    5. STEP
      5

      点検票の作成・
      消防署への提出

      消防設備点検後は、点検時に作成した点検票をお客様にお客様に送付致します。点検票は、消防署への提出用やお客様の保管用として、「正・副」の2部を作成し、お客様ご自身の認印を捺印いただいた後、管轄の消防署に責任を持って提出いたします。
      また、点検票・点検履歴はWeb上からも確認することができますので、書類の管理の必要はございません。

    台東区で消防点検なら
    全国消防点検.com

    “バスケの試合”title=“バスケ”


    台東区は東京都の区部、北東部に位置する特別区です。面積は23区の中で一番小さく最も古い市街地の1つにあげられています。1923年(大正12年)におきた関東大震災や、その後に起こった第二次世界大戦で焼け残り、現在の台東区の基礎となったのです。

    台東区には新幹線が停車する上野駅や、アメ横、上野動物園、浅草寺などの人気スポットが多く、観光客で賑うエリアです。旅行で東京へ来たなら、誰もが必ず一度は訪れるたことがある場所でしょう。
    “バスケの試合”title=“バスケ”


    2019年台東区で発生した火災は97件ありました。そのうちの約6割が建物火災で71件、車両火災が3件、その他の火災が23件で、負傷者は6名です。過去の住宅火災での死者のうち、63.9%が高齢者で占められています。

    火災の原因は1位が電気関係、2位ガステーブル、3位タバコです。電気関係が原因となる火災については普段から注意が必要ですが、地震発生の際には特に気を付けなければなりません。近年では日本全国で大きな地震が発生しています。今後30年の間には70%の確率で、首都直下地震が発生するといわれているのです。過去におきた阪神淡路大震災や東日本大震災を教訓にして、これから先の未来に向けて備えておかねばなりません。

    火災予防に関しては、火災を想定して消火器の設置や風呂場の水のくみ置きをしておく、住宅用火災警報器の設置と点検、使用しないときは電化製品のコンセントを必ず抜いておく、火災発生を抑制するための感震ブレーカーなどの防炎機器を設置しておくなどです。

    震災後に最も注意したいのが通電火災で、復旧火災とも呼ばれています。地震で電気機器が倒れたり壊れたりして停電した場合、その場で火災は発生しません。しかし、電気が復旧したときにおきるのが通電火災です。可燃物にふれた状態で電気が復旧すれば、自動的に電源が入り火災が発生します。破損した機器に通電すれば火花が発生、ガスに引火して大火災を引きおこすのです。通電火災について知っておくだけでも、日頃から火災予防対策を意識した行動がとれるようになるでしょう。

    お問い合わせ

    CONTACT

    新電力に切り替えると点検費用0円!(※建物の規模によります。) 
    詳しくはお問い合わせください!

    Web上での依頼管理ではなく、
    電話でのお取り引きを
    ご希望のお客様へ

    もちろん従来通り電話等の対応も可能です。問い合わせ先は変わりません。
    問い合わせの際、「電話での対応希望」とお伝えください。

    よくあるご質問(FAQ)

    消防設備点検・施工に関することや、弊社に関するよくあるご質問です。
    お気づきの点やご不明な点等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

    有資格者以外は点検できないのですか?
    有資格者のみが点検できる建物は、延べ面積1000㎡以上の特定防火対象物と、消防署の指定した1000㎡以上の建物です。しかし、消防点検には専門的な知識と技術が必要なため、弊社では消防設備点検から行政への報告まで、国家資格を有するスタッフが責任を持って実施・代行しています。
    消防点検の必要頻度はどのくらいですか?
    消防設備を有する建物は、年2回の点検を行うことが消防法で義務付けられており、点検結果の虚偽報告や、報告を怠ったりした場合に罰則が設けられています。万が一火災が起きてしまったときに、その被害を最小限に抑えるべく設置された消防設備を、いつでも使えるような状態で維持しておくために年2回の消防設備点検は大切です。
    今まで消防点検を受けたことがなく、消防点検に関する知識もあまりないのですが、消防点検を受けることはできますか?
    はい、消防点検の知識をお持ちでない方、初めての方も大歓迎です!
    弊社では、消防設備点検についての知識をお持ちでないお客様でも安心してお任せいただけるよう、どんな作業を行ったのかを作業完了後に分かりやすくご説明しています。
    消防点検のプロである弊社スタッフがお客様を全力でサポート致しますので、安心してご利用ください。
    消防点検に関する諸手続きが難しそうで、面倒に感じてしまいます。代行してもらえますか?
    弊社では、丁寧かつ迅速な消防設備点検の実施はもちろんのこと、報告書の作成と消防署への提出までも責任を持って行っておりますので、お客様には極力お手間をとらせません。お客様には、印鑑の捺印と氏名等の記名のみを行っていただき、それ以外の手続きは、すべて弊社が代行いたします。
    定休日や営業時間を教えてください。
    弊社は、年中無休で営業しているため、お急ぎの場合でも迅速に対応いたします。なお、お電話(受付時間9:00~20:00)またはメールフォームのどちらからでもお問い合わせ・ご相談いただけます。
    対応している地域は決まっていますか?
    弊社は日本全国すべての地域に対応しており、日本全域において消防点検・消防設備工事を承っております。
    どのような種類の建物が対応していますか?
    弊社では、どんな種類の建物でも点検・施工いたします。
    これまでに東海地区だけで5000件超の点検実績があり、様々な建物や施設を点検・施工してきました。
    比較的小規模な建物から学校や病院等の大規模な建物、増設した建物や地下室まで、あらゆる建物や施設の点検を行うことができます。

    お問い合わせ

    CONTACT

    新電力に切り替えると点検費用0円!(※建物の規模によります。)
    詳しくはお問い合わせください!