茨城県で消防設備点検・施工なら全国消防点検.com

茨城県
ibaraki

かんたん10秒ご相談・見積もりフォーム

    • お名前必須
    • お電話番号必須
    • メールアドレス必須
    • 建物の所在地必須
    • ご相談内容必須

    茨城県の消防点検実績

    ACHIEVEMENT

    カテゴリーエリア業種階数 / 延床面積
    消火器交換古河市マンション7階
    消防設備改修ひたちなか市ロードサイド店舗
    非常用電源改修工事守谷市ロードサイド店舗

    サービス内容

    • 消防設備点検
      • 消火器
      • 屋内外消火栓
        設備
      • スプリンクラー
        設備
        • その他

        • 水噴霧消火設備
        • 泡消火設備
        • 自動火災報知設備

      消防設備点検は、年に二度行う機器点検と、年に一度行う総合点検に大分されます。機器点検は、消防設備の状態を目視で確認し、簡易的な操作で消防設備の機能の確認を行います。また、総合点検では、実際に消防設備を一つひとつ作動させ、正常に機能を果たしているかを総合的に点検します。

    • 防災管理点検
      • 防災管理者の
        選任
      • 消防計画の
        作成・届出
      • 自衛消防組織の
        設置・届出
        • その他

        • 避難設備等の適切な管理
        • 被害の想定および対策
        • 避難訓練の実施

      防災管理点検は、大規模建築物等において、毎年1回定期的に防災管理点検資格者によって避難経路や非常食の有無などを確認し、災害発生時に円滑に避難することができるかを点検します。

    • 防火対象物定期点検
      • 防火管理者の
        選任
      • 避難訓練の
        実施
      • 防火性能表示
        • その他

        • 消防用設備の状況
        • 防火戸の状況
        • 避難経路の状況

      消防用設備が設置されているか、防火戸の閉鎖に障害となる物が置かれていないかなど、火災発生時に適切な避難が行えるよう、消防法8条に基づいた防火対象物定期点検を行っています。

    • 防火設備の設置
      • 消火器
      • スプリンクラー
        設備
      • 水噴霧消火設備
        • その他

        • 自動火災報知設備
        • 泡消火設備
        • 誘導灯・誘導標識

      消防設備には、それぞれに耐用年数や交換時期の目安が定められています。弊社では、消防設備点検だけではなく、点検の際に不具合を発見した消防設備はもちろん、耐用年数の目安や交換時期が近づいてきている消防設備の取り換え、消防設備を新たに設置する施工も行っております。

    • 防災グッズ等の販売
      • 食料品
        (水・乾パン・缶詰)
      • 非常用ライト・
        懐中電灯
      • 救急医療セット
        • その他

        • 防災頭巾
        • 防災・防塵マスク
        • 防災ラジオ

      火災発生後、避難の際に必要になる防災リュックや非常食の他、救助に必要な救急用品等、様々な防災グッズをご用意しています。会社経営者やビルオーナーの方から一般のご家庭の方まで、それぞれの用途に合わせた防災グッズをご提案いたします。

    消防点検を行わないと
    いけない理由

    茨城県の
    消防点検実施率は31.2%

    茨城県は火災予防条例を出していて、火災設備の設置や点検、避難経路の確保などについて細かく説明しています。

    また、茨城西南地方広域市町村圏事務組合やひたちなか東海広域事務組合も火災予防条例を紹介しています。

    施設や店舗が位置する自治体の条例を確認してみてください。 そして消火器や火災報知器の設置はもちろん、定期的なメンテナンスや避難経路の確保を必ず行うようにしてください。

    茨城県の
    消防点検実施率

    31.2%

    出展:総務省消防庁

    全国消防点検.comで
    消防点検を行った
    お客様の声
    ~茨城県~

    茨城県で全国消防.comが行った点検の、お客様の声を一部ご紹介いたします。
    様々な施設での有資格者による点検実績があるので、お客様のお力にもなれるはずです。

    お客様の声
    • 図書館・博物館

    図書館の消防設備の定期点検を行っていただきました

    図書館の消防設備の定期点検を行っていただきました。全国の依頼に対応しているということで安心でき、いくつかの候補の業者の中から選ばせていただきました。

    見積もりの時点から迅速にご対応いただき、スムーズなやりとりができました。点検当日もスピーディーに作業していただきました。費用も思ったより安く、総合的に満足です。

    お客様の声
    • 非常ベル

    学校の非常ベルの点検をお願いしました。

    学校の非常ベルの点検をお願いしました。普段はあまり使用する機会がないため、状態が心配でした。専門知識のあるプロにきちんと見ていただき、状態や作動した時のことを丁寧に説明していただき、安心できました。

    子どもたちの命をいざというときに守れるよう、これからも定期的に点検をお願いしようと思います。

    茨城県の対応可能エリア

    茨城県全域対応可能!

    茨城県全域の消防点検・消防設備工事を承っております。

    • 日立市
    • 常陸太田市
    • 高萩市
    • 北茨城市
    • ひたちなか市
    • 那珂市
    • 常陸大宮市
    • 大子町
    • 東海村
    • 水戸市
    • 笠間市
    • 桜川市
    • 城里町
    • 茨城町
    • 大洗町
    • 小川町
    • 美野里町
    • 友部町
    • 岩間町
    • 土浦市
    • 石岡市
    • 龍ケ崎市
    • 取手市
    • 牛久市
    • つくば市
    • 守谷市
    • 稲敷市
    • かすみがうら市
    • 美浦村
    • 阿見町
    • 河内町
    • 新治村
    • 玉里町
    • 伊奈町
    • 谷和原村
    • 利根町
    • 古河市
    • 筑西市
    • 結城市
    • 下妻市
    • 水海道市
    • 坂東市
    • 境町
    • 五霞町
    • 八千代町
    • 千代川村
    • 石下町
    • 鹿嶋市
    • 潮来市
    • 神栖市
    • 行方市
    • 鉾田市

    全国消防点検.comで
    消防点検おすすめポイント

    全国消防点検.comでは防災業界初の仕組みで全国各地の物件をWEB上で一括管理して頂くことが可能です。もちろん価格や技術の面でも安心して消防点検を任せて頂けるような取り組みをしております。

    らくらく依頼・管理

    Web上で消防設備の点検・改修工事の依頼から日程管理、支払いまでを完結することができます。
    また、物件ごとに点検の履歴や書類の管理もできるので、管理コストを削減することができます。

    コストの最適化

    建物に付いている消防設備の数ごとでお見積りを算出しているため、コストを最適化することができます。
    また、物件に近いパートナーの消防点検業者が施工するので、無駄なお金がかかりません。

    任せてあんしん

    本サービスを通じて依頼された消防点検は、国家資格である消防点検資格を持った点検者が点検を行うので、点検の質を保ち、安心安全な運営をすることができます。

    消防点検の流れ

    1. STEP
      1

      お問い合わせ

      消防設備点検費用の見直しを行いたい方や、初めて消防設備点検を行うにあたってどこの点検会社を選べば良いのかわからないという方はご相談ください。
      弊社は、年中無休で営業しているため、お急ぎの場合でも迅速に対応いたします。なお、お電話またはメールフォームのどちらからでもお問い合わせ・ご相談いただけます。

    2. STEP
      2

      お見積書の作成・送付

      建物に付いている消防設備の数を把握した上で、お見積りを作成いたします。建物の図面や過去に実施した消防設備点検の報告書をご提示いただくと、お見積書の作成がスムーズに進むため、通常よりも早くお渡しすることが可能です。図面や報告書のご提示が難しい場合でも、ヒアリングや無料の現場調査等で対応いたします。

    3. STEP
      3

      ご依頼・お支払い

      お見積りの金額に納得いただき弊社に消防設備点検をお任せいただける場合、お客様のご希望日時を伺い点検日時を調整致します。
      点検料金のお支払いは、点検実施前に、クレジットカード払いもしくは銀行振込にてお支払いいただきます。

    4. STEP
      4

      消防設備点検の実施

      建物の規模や点検内容によって異なりますが、一般的な消防設備の点検であれば1時間程度で完了するため、お客様の日常業務に負担がかかることはありません。必ず消防設備点検資格を有するスタッフが消防設備点検を担当し、迅速かつ丁寧な点検・施工を行います。
      また、スマートフォンアプリを用いて点検をするため、点検票作成業務を簡略化できるのでスピーディーに点検票を送付することができます。

    5. STEP
      5

      点検票の作成・
      消防署への提出

      消防設備点検後は、点検時に作成した点検票をお客様にお客様に送付致します。点検票は、消防署への提出用やお客様の保管用として、「正・副」の2部を作成し、お客様ご自身の認印を捺印いただいた後、管轄の消防署に責任を持って提出いたします。
      また、点検票・点検履歴はWeb上からも確認することができますので、書類の管理の必要はございません。

    茨城県で消防点検なら
    全国消防点検.com

    “茨城”title=“茨城”

    茨城県は約285万人を有する県で、日本で11番目に人口が多いと言われています。農業が盛んな茨城県内には利根川が流れ、筑波山などの山々が見られる自然豊かな地形が特徴です。太平洋を臨むエリアでは漁業も発達しています。

    そんな茨城県では、今後30年以内に南部地方で直下型の地震が発生する可能性が高いと言われていることをご存知でしょうか。
    つくばエクスプレスが走り、茨城空港も存在する茨城県内には首都圏のオフィスに通う人が多く、地震が発生したら大きな被害を受けることはまず間違いがないでしょう。

    地震が発生してしまった場合、一般家庭の住居で漏電が起こり、火災が起こる可能性が否定できません。自然豊かな茨城県内では何らかの拍子に草や木に火が燃え移って、山火事に発展しまうこともあり得るでしょう。
    このようなことが絶対に起こらないように日々消防設備を点検しておく必要があります。

    “茨城”title=“茨城”

    茨城県の火災の発生件数は2019年時点では926件で、死者数・負傷者数ともに平成に入って最少だったことが分かっています。耐火構造建築物の増加や、火災報知器の普及などを減少の要因として茨城県は発表しています。

    しかし、火災発生件数が減ったからといって、決して安心はできません。まだ1年で死傷者が20人以上出ていることを考えると、より住宅用火災警報器などの消火設備を普及してゼロに努めなければいけません。

    高齢化が進んでいる今の日本では、火災が発生したときも体の自由がきかずに逃げ遅れ、命を落としてしまった方が存在するからです。

    茨城県は山火事予防運動を行っていて、ポスターの掲示や山林の出入り口に山火事予防標識等の設置、また森林パトロールを実施しております。
    店舗や施設の経営・運営者はこの運動に直接関わりがないかもしれませんが、店舗を安全・安心に管理して健全な経営に努める役割があります。

    一度でも火災を起こしてしまうと、「危機管理がなっていない、信頼できないお店」と認識されるようになり、今後客足が遠のいてしまうかもしれません。新型コロナウイルス感染拡大で客足が鈍っている昨今、少しでもお客様が安心して来られるように安全対策はしっかりするべきと考えます。

    お問い合わせ

    CONTACT

    新電力に切り替えると点検費用0円!(※建物の規模によります。) 
    詳しくはお問い合わせください!

    Web上での依頼管理ではなく、
    電話でのお取り引きを
    ご希望のお客様へ

    もちろん従来通り電話等の対応も可能です。問い合わせ先は変わりません。
    問い合わせの際、「電話での対応希望」とお伝えください。

    よくあるご質問(FAQ)

    消防設備点検・施工に関することや、弊社に関するよくあるご質問です。
    お気づきの点やご不明な点等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

    有資格者以外は点検できないのですか?
    有資格者のみが点検できる建物は、延べ面積1000㎡以上の特定防火対象物と、消防署の指定した1000㎡以上の建物です。しかし、消防点検には専門的な知識と技術が必要なため、弊社では消防設備点検から行政への報告まで、国家資格を有するスタッフが責任を持って実施・代行しています。
    消防点検の必要頻度はどのくらいですか?
    消防設備を有する建物は、年2回の点検を行うことが消防法で義務付けられており、点検結果の虚偽報告や、報告を怠ったりした場合に罰則が設けられています。万が一火災が起きてしまったときに、その被害を最小限に抑えるべく設置された消防設備を、いつでも使えるような状態で維持しておくために年2回の消防設備点検は大切です。
    今まで消防点検を受けたことがなく、消防点検に関する知識もあまりないのですが、消防点検を受けることはできますか?
    はい、消防点検の知識をお持ちでない方、初めての方も大歓迎です!
    弊社では、消防設備点検についての知識をお持ちでないお客様でも安心してお任せいただけるよう、どんな作業を行ったのかを作業完了後に分かりやすくご説明しています。
    消防点検のプロである弊社スタッフがお客様を全力でサポート致しますので、安心してご利用ください。
    消防点検に関する諸手続きが難しそうで、面倒に感じてしまいます。代行してもらえますか?
    弊社では、丁寧かつ迅速な消防設備点検の実施はもちろんのこと、報告書の作成と消防署への提出までも責任を持って行っておりますので、お客様には極力お手間をとらせません。お客様には、印鑑の捺印と氏名等の記名のみを行っていただき、それ以外の手続きは、すべて弊社が代行いたします。
    定休日や営業時間を教えてください。
    弊社は、年中無休で営業しているため、お急ぎの場合でも迅速に対応いたします。なお、お電話(受付時間9:00~20:00)またはメールフォームのどちらからでもお問い合わせ・ご相談いただけます。
    対応している地域は決まっていますか?
    弊社は日本全国すべての地域に対応しており、日本全域において消防点検・消防設備工事を承っております。
    どのような種類の建物が対応していますか?
    弊社では、どんな種類の建物でも点検・施工いたします。
    これまでに東海地区だけで5000件超の点検実績があり、様々な建物や施設を点検・施工してきました。
    比較的小規模な建物から学校や病院等の大規模な建物、増設した建物や地下室まで、あらゆる建物や施設の点検を行うことができます。

    お問い合わせ

    CONTACT

    新電力に切り替えると点検費用0円!(※建物の規模によります。)
    詳しくはお問い合わせください!