名古屋市で消防設備点検・施工なら全国消防点検.com

名古屋市
nagoya

名古屋市で消防点検なら
全国消防点検.com

“地震の被害”title=“地震”

東日本大震災から、来年で早くも10年が経つことになります。 この10年間でも熊本地震など、さまざまなエリアで地震が発生していて、現在も復旧していない地域があると聞きます。

建物だけでなく、人の体や心に大きな被害を与える地震はよく「忘れた頃にやってくる」と言われますが、実際に発生してから対策をとっていては遅すぎるのです。

地震はいつ、どこで発生するのか予測不可能なものですが、そのなかでも南海トラフ沿いで起こる東海地震は必ず来ると言われています。
東海地震が発生してしまった場合、どの程度の被害を受けることになるのでしょう?

東海地震専門対策調査会の報告によると、マグニチュード8・最大震度7クラスの地震が発生した際の死者は1万人以上に達すると想定されています。

最悪の事態を想定して、私たちは日ごろから防災設備や防災用品の準備はもちろん、オフィスや店舗では消防設備の設計や施工、定期的な保守点検・整理を行っておく必要があります。

“名古屋繁華街”title=“名古屋”

名古屋市は東海地方はもちろん、日本を代表する大規模都市であり、約230万もの人が暮らしています。
特に東海地方最大の繁華街・栄が位置する中区には深夜まで営業している飲食店や、博物館・美術館などといった文化施設、またパチンコ店などの遊興施設も少なくありません。

それに加えて名古屋は製造業や輸送業がさかんな街としても有名で、市内には無数の工場やオフィスが存在していますよね。
そんな街で、大地震が発生したときのことを考えてみてください。

建物の倒壊はもちろん、それによる火災の発生などの二次被害、三次被害が容易に想定されます。
そうなった場合でも消防設備があれば、スピーディーな対応が取れるようになり、最小限の被害に食い止められる可能性が高いものです。

消防点検を行わないと
いけない理由

愛知県
消防点検実施率は55.1%

名古屋市には昭和37年に定められた「名古屋市火災予防条例」があり、火災の予防や消防用設備の設置や避難や防火の管理方法などについて細かく決められています。

店舗の経営者や責任者は必ずこの条例に則ったうえで店舗の営業を行う必要があり、しかるべき消防設備の設置や点検、避難経路の確保を行わなければいけません。

また、こちらの条例では飲食店などを開業する際に義務付けられている消防署長への届出についても説明されていますので、開業を予定されている方は、必ず目を通すようにしてください。

条例を遵守できていない場合、30万円以下の罰金に処される可能性があるので条例を守って、安心安全な営業を行いましょう。

愛知県の
消防点検実施率

55.1%

出展:総務省消防庁

全国消防点検.comで
消防点検おすすめポイント

全国消防点検.comでは防災業界初の仕組みで全国各地の物件をWEB上で一括管理して頂くことが可能です。もちろん価格や技術の面でも安心して消防点検を任せて頂けるような取り組みをしております。

らくらく依頼・管理

Web上で消防設備の点検・改修工事の依頼から日程管理、支払いまでを完結することができます。
また、物件ごとに点検の履歴や書類の管理もできるので、管理コストを削減することができます。

コストの最適化

建物に付いている消防設備の数ごとでお見積りを算出しているため、コストを最適化することができます。
また、物件に近いパートナーの消防点検業者が施工するので、無駄なお金がかかりません。

任せてあんしん

本サービスを通じて依頼された消防点検は、国家資格である消防点検資格を持った点検者が点検を行うので、点検の質を保ち、安心安全な運営をすることができます。

消防点検の流れ

  1. STEP
    1

    お問い合わせ

    消防設備点検費用の見直しを行いたい方や、初めて消防設備点検を行うにあたってどこの点検会社を選べば良いのかわからないという方はご相談ください。
    弊社は、年中無休で営業しているため、お急ぎの場合でも迅速に対応いたします。なお、お電話またはメールフォームのどちらからでもお問い合わせ・ご相談いただけます。

  2. STEP
    2

    お見積書の作成・送付

    建物に付いている消防設備の数を把握した上で、お見積りを作成いたします。建物の図面や過去に実施した消防設備点検の報告書をご提示いただくと、お見積書の作成がスムーズに進むため、通常よりも早くお渡しすることが可能です。図面や報告書のご提示が難しい場合でも、ヒアリングや無料の現場調査等で対応いたします。

  3. STEP
    3

    ご依頼・お支払い

    お見積りの金額に納得いただき弊社に消防設備点検をお任せいただける場合、お客様のご希望日時を伺い点検日時を調整致します。
    点検料金のお支払いは、点検実施前に、クレジットカード払いもしくは銀行振込にてお支払いいただきます。

  4. STEP
    4

    消防設備点検の実施

    建物の規模や点検内容によって異なりますが、一般的な消防設備の点検であれば1時間程度で完了するため、お客様の日常業務に負担がかかることはありません。必ず消防設備点検資格を有するスタッフが消防設備点検を担当し、迅速かつ丁寧な点検・施工を行います。
    また、スマートフォンアプリを用いて点検をするため、点検票作成業務を簡略化できるのでスピーディーに点検票を送付することができます。

  5. STEP
    5

    点検票の作成・
    消防署への提出

    消防設備点検後は、点検時に作成した点検票をお客様にお客様に送付致します。点検票は、消防署への提出用やお客様の保管用として、「正・副」の2部を作成し、お客様ご自身の認印を捺印いただいた後、管轄の消防署に責任を持って提出いたします。
    また、点検票・点検履歴はWeb上からも確認することができますので、書類の管理の必要はございません。

お問い合わせ

CONTACT

消防設備点検・工事についてはお気軽にお問い合わせください。

Web上での依頼管理ではなく、
電話でのお取り引きを
ご希望のお客様へ

もちろん従来通り電話等の対応も可能です。問い合わせ先は変わりません。
問い合わせの際、「電話での対応希望」とお伝えください。

名古屋市の対応可能エリア

全域対応可能!

名古屋市全域の消防点検を承っております。

  • 千種区
  • 昭和区
  • 瑞穂区
  • 熱田区
  • 南区
  • 緑区
  • 天白区
  • 名東区
  • 守山区
  • 東区
  • 中区
  • 北区
  • 西区
  • 中村区
  • 中川区
  • 港区

名古屋市の事業所スタッフ紹介

佐々木 一哉

sasaki kazuya

  • 栄区
  • 金沢区

こんにちは。工業高校卒業後から7年間消防設備士として働いています。電気工事士2種も取得しており、福祉施設での自動火災報知設備の施工が得意です。

田島 勝

tajima masaru

  • 栄区
  • 港南区
  • 磯子区
  • 南区

「誠実な点検を!」をモットーに丁寧に点検させて頂きます。 お部屋の中に入らせて頂く機会も多いので、丁寧な対応を心がけています。

よくあるご質問(FAQ)

消防設備点検・施工に関することや、弊社に関するよくあるご質問です。
お気づきの点やご不明な点等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

有資格者以外は点検できないのですか?
有資格者のみが点検できる建物は、延べ面積1000㎡以上の特定防火対象物と、消防署の指定した1000㎡以上の建物です。しかし、消防点検には専門的な知識と技術が必要なため、弊社が行うすべての点検を有資格者によって行っています。

お問い合わせ

CONTACT

この文章はダミーです。実際とは異なります。レイアウト、コピー、写真の3要素が響きあい美しいデザインとなります。