消防設備点検・施工なら全国消防点検.com「札幌市」ページ

札幌市
sapporo

札幌市で消防点検なら
全国消防点検.com

“札幌観光地”title=“札幌”


北海道の道庁所在地であり、広大な面積を誇る北海道の中心都市といえば札幌市。
「日本で最も魅力のある街ランキング」における上位の常連でもある札幌市は、ビジネス街としてだけではなく観光地としても有名で、市内には札幌時計台や円山動物園、北海道大学、大倉山ジャンプ競技場、藻岩山など、数え切れないくらい多くの観光スポットがあります。

道内の人はもちろん、日本全国から常に多くの観光客が訪れる札幌市ですが、北の大地であることから冬の寒さは厳しく、本州と比べると早い段階から暖房器具を使い始める傾向にあります。そのため、どうしても火災が発生しやすい環境といえるでしょう。

“札幌観光地”title=“札幌”


また、北海道札幌市で忘れてはならないのが、北の繁華街であるすすきの。 エリア内には多数の飲食店が密集していて、その中には北海道名物のジンギスカン専門店も少なくありません。炭火七輪やコンロを使うジンギスカン店では、火災が発生しやすい環境とも言えます。もちろんジンギスカンのお店だけではなく、人が密集する飲食店や観光施設では、十分な失火対策が求められます。

特に札幌は2021年に延期になった東京オリンピックのマラソン開催地に決定しているエリア。2021年の7月から8月にかけては、世界中から多くの人が集まることは容易に想像されます。観光施設や飲食店はこれまで以上の賑わいを見せることは間違いないでしょう。

その時に消防設備の適切な設置や点検が不十分で、避難経路の確保がきちんとできていなければ、万が一火災が発生してしまった場合、大きな災害へと発展する可能性があります。そうなった場合、人命や建物が失われ、他店舗への損害賠償や風評被害が発生してしまうことも。そのようなことがないように、一度店舗や施設の経営者・運営者は消防設備を確認しておく必要があります。

カテゴリーエリア業種階数 / 延床面積
共同住宅 札幌市 マンション 4階

消防点検を行わないと
いけない理由

北海道の
消防点検実施率は61%

札幌市には札幌市火災条例があり、市民が主体的に行動するための基本事項をはじめ、消化設備などの設置や時期、技術基準などの規定を設定しています。

また、札幌には火災予防規則もあり、防火管理業務受託者についてなどを細かく設定しています。イベントが多い札幌市では、市のホームページで防火安全対策や消火器の準備などを、積極的に呼びかけています。平成26年から多数の人が集まる催しでは消火器の準備が義務付けられているので、必ず守るようにしてください。

ここ数年のデータを見ると、札幌市内での火災発生状況は年間400円前後で、死者は20~30人前後です。そのうちの多くは飲食店や店舗を含む建物内で発生しているため、管理者はより厳重な火災対策が求められます。

北海道の
消防点検実施率

61%

出展:総務省消防庁

全国消防点検.comで
消防点検おすすめポイント

全国消防点検.comでは防災業界初の仕組みで全国各地の物件をWEB上で一括管理して頂くことが可能です。もちろん価格や技術の面でも安心して消防点検を任せて頂けるような取り組みをしております。

らくらく依頼・管理

Web上で消防設備の点検・改修工事の依頼から日程管理、支払いまでを完結することができます。
また、物件ごとに点検の履歴や書類の管理もできるので、管理コストを削減することができます。

コストの最適化

建物に付いている消防設備の数ごとでお見積りを算出しているため、コストを最適化することができます。
また、物件に近いパートナーの消防点検業者が施工するので、無駄なお金がかかりません。

任せてあんしん

本サービスを通じて依頼された消防点検は、国家資格である消防点検資格を持った点検者が点検を行うので、点検の質を保ち、安心安全な運営をすることができます。

消防点検の流れ

  1. STEP
    1

    お問い合わせ

    消防設備点検費用の見直しを行いたい方や、初めて消防設備点検を行うにあたってどこの点検会社を選べば良いのかわからないという方はご相談ください。
    弊社は、年中無休で営業しているため、お急ぎの場合でも迅速に対応いたします。なお、お電話またはメールフォームのどちらからでもお問い合わせ・ご相談いただけます。

  2. STEP
    2

    お見積書の作成・送付

    建物に付いている消防設備の数を把握した上で、お見積りを作成いたします。建物の図面や過去に実施した消防設備点検の報告書をご提示いただくと、お見積書の作成がスムーズに進むため、通常よりも早くお渡しすることが可能です。図面や報告書のご提示が難しい場合でも、ヒアリングや無料の現場調査等で対応いたします。

  3. STEP
    3

    ご依頼・お支払い

    お見積りの金額に納得いただき弊社に消防設備点検をお任せいただける場合、お客様のご希望日時を伺い点検日時を調整致します。
    点検料金のお支払いは、点検実施前に、クレジットカード払いもしくは銀行振込にてお支払いいただきます。

  4. STEP
    4

    消防設備点検の実施

    建物の規模や点検内容によって異なりますが、一般的な消防設備の点検であれば1時間程度で完了するため、お客様の日常業務に負担がかかることはありません。必ず消防設備点検資格を有するスタッフが消防設備点検を担当し、迅速かつ丁寧な点検・施工を行います。
    また、スマートフォンアプリを用いて点検をするため、点検票作成業務を簡略化できるのでスピーディーに点検票を送付することができます。

  5. STEP
    5

    点検票の作成・
    消防署への提出

    消防設備点検後は、点検時に作成した点検票をお客様にお客様に送付致します。点検票は、消防署への提出用やお客様の保管用として、「正・副」の2部を作成し、お客様ご自身の認印を捺印いただいた後、管轄の消防署に責任を持って提出いたします。
    また、点検票・点検履歴はWeb上からも確認することができますので、書類の管理の必要はございません。

お問い合わせ

CONTACT

消防設備点検・工事についてはお気軽にお問い合わせください。

Web上での依頼管理ではなく、
電話でのお取り引きを
ご希望のお客様へ

もちろん従来通り電話等の対応も可能です。問い合わせ先は変わりません。
問い合わせの際、「電話での対応希望」とお伝えください。

札幌市の対応可能エリア

札幌市全域対応可能!

札幌市全域の消防点検・消防設備工事を承っております。

お問い合わせ

CONTACT

この文章はダミーです。実際とは異なります。レイアウト、コピー、写真の3要素が響きあい美しいデザインとなります。