実は防火安全対策バッチリ!カラオケボックス等の遊興施設

お知らせ
NEWS

COLUMN

2020.10.02

実は防火安全対策バッチリ!カラオケボックス等の遊興施設

ストレス解消にピッタリなカラオケボックス。
皆さんの中でもよく利用する方も多いのではないでしょうか。

カラオケボックスは大きな音を流して、声を出して楽しむもの。
仲間と大盛りあがりでタンバリンなんかも叩いたりして・・・、
こんなタイミングで火災が起きたら気付けるんでしょうか。

実はカラオケボックスなど遊興施設は、
消防法が一部改正され、防火安全対策が強化されているんです。

今回はカラオケボックスに係る消防法について解説します。

カラオケボックスなどの遊興施設の消防法について

そもそも遊興施設って何?

消防法では遊興施設を以下のように定義しています。

消防法施行令別表第1(2)項ニ

カラオケボックスその他遊興のための設備又は物品を個室(これに類する施設を含む。)において、
客に利用させる役務を提供する業務を営む店舗で総務省令で定めるもの

カラオケボックス以外にも、漫画喫茶や、
複合カフェ(カラオケ、卓球、ダーツなどが楽しめる漫画喫茶)、
テレフォンクラブ、個室ビデオ等が遊興施設に分類されます。

「こんな営業をしているんだけど、うちは対象?」
「うちのお店は、法改正にちゃんと対応しているかな?」

ご相談頂ければ、どのような消防設備の設置や届け出が必要なのか等のご案内も可能ですので、
何かご不安な点がございましたら、全国消防点検.comまでお問い合わせください。

法改正の背景

2007年1月に兵庫県で発生したカラオケボックスでの火災、
2009年10月の大阪で発生した個室ビデオ店の火災で多数の犠牲者が発生してしまいました。

この火災では、以下の4つが被害拡大の要因とされました。

・火元の個室から、煙や熱が短時間で通路に充満し、避難通路が絶たれてしまった
・密室で、なおかつヘッドフォンを使用していたために火災の発生に来だ浮かなかった
・通路が狭く複雑で、個室の扉が外開きになっていたために避難の障害となった
・従業員による初期消火や避難誘導が適切ではなかった

その翌年、2010年に消防法施行例が改正。

法改正後に新設される施設だけでなく、
既存の施設にも2年間の猶予期間を設けた上で、適用されました。

消防法改正の概要


この法改正で変更となったのは以下の2つです。

自動火災報知器の設置

以前は300㎡以上の施設のみ、自動火災報知機の設置が義務付けられていましたが、
この法改正で面積に関わらず、すべての個室に自動火災報知器の設置が義務化されました。

機能についても基準が設けられ、

・各個室内の感知器は煙を感知するタイプとすること
・各個室内で地区音響装置及び非常警報設備の警報音が聞こえる措置をとること
・受信機は再鳴動機能のついているものを使用すること

を設置するよう定められました。

誘導灯

自動火災報知機の他、誘導灯も法改正の対象となっています。
通路誘導灯を廊下及び通路の床、もしくはその近くの避難上有効な箇所に設ける必要があります。

カラオケに設置する火災報知器はタバコの煙に反応する?


以前はカラオケボックスに行くと、喫煙・禁煙どちらの部屋がいいか確認されることが多かったですね。
とくに大人数の飲み会利用等では、喫煙者が複数いるとお部屋の中の煙がすごい・・・なんて光景も。

そこで気になるのは、「火災報知器は反応しないのか」

前述したとおり、カラオケの個室に設置されているのは、煙を感知するタイプ。
となると、大人数で密室で喫煙した場合、火災報知器は反応しないのかちょっと心配ですね。

極端に言ってしまえば、反応する可能性はあります。
しかし、カラオケで火災報知器が鳴ってしまった経験をした人は少数なはず。

実は、煙感知タイプであっても、
通常の生活の中での範囲の喫煙程度でしたら、もちろん反応はしません。

ただ、密室状態で大人数で一気に喫煙したり、
酔っ払って火災報知器に煙を吹きかける等を行った場合は、
当然ながら反応する可能性がありますので、お気をつけください。

※2020年4月に健康増進法が改正されたことにより、
カラオケを含み、多くの施設が原則屋内禁煙となったため、
現在は個室での喫煙は出来ません。

カラオケボックスなどの消防点検は全国消防点検.comにご相談ください。

全国消防点検.comでは、遊興施設における消防設備設置のお手伝いをしています。

設置は設置業者、点検は点検業者と窓口が変わることがほとんどですが、
全国消防点検.comでは、設置から保守、定期点検のすべてが対応可能。
さらに、有資格者が対応させて頂きますので、
建物やご状況にあわせたオーダーメイドの防火安全対策のご提案が可能です。

まずはご相談からでも大歓迎です!
どうぞお気軽にお問い合わせください。

↓↓お問い合わせフォームに飛ぶ↓↓問い合わせバナー